トランジット

ミュンヘン空港に到着した我々に待っているのは、ヨーロッパへの入国審査と飛行機の乗り換え(トランジット)である。観光旅行では、それぞれの国の主要な都市を訪問するだけであれば、直行便しか利用しない人も多いであろうが、世界の様々な地方都市を訪れて国際会議に参加している私にとってはトランジットは日常茶飯事となっている。(学生時代の貧乏旅行で南周りのヨーロッパ行などでもトランジットをしていたなぁ~)
まずは、入国審査である。海外旅行で緊張する瞬間の一つである。ドイツだからパスポート見せて、笑顔で通り抜けれるかと思っていたら、入国目的と滞在日数を聞かれた。調子をこいてドイツ語会話で始めたら、質問もドイツ語だったので、四苦八苦。学生たちの苦労が経験できたかと思います。


トランジットは、ルフトハンザ航空LH715便(羽田からミュンヘンのフライト)から同じくルフトハンザ航空LH1848便(ミュンヘンからローマ)への乗り換えである。今回の旅行で驚いたことの1つとして、通常の航空券が出てきたことである。最近、Eチケットと呼ばれる自宅でチェックインをして自宅のプリンタで航空券を印刷して空港に向かったり、出張手続きで航空券の半券を提出して下さいというのが不可能なことが多い。そんな中、昔ながらの航空券を手にして、何となく懐かしさを感じる出来事であった。
DSC01822
航空券をデジカメで撮影していて気付いたのだが、LH1848便のミュンヘンから出発ゲートが決まっていることである。12時間以上も前の羽田で発券した航空券にすでにミュンヘン空港での飛行機の予定機材とその配置を決まっていることになる。到着後、ゲート番号が合っているか確認したが、トランジットもどんどん便利な世の中になっている気がする。(実際にゲート番号は変更になっていた。)
追記:イタリア地震の情報収集とブログを1本上げるのに手いっぱいの時間しかなく、ドイツビールすら飲む暇がなかった。(残念)

乗り継ぎ便の情報は、こちらで紹介します。ドイツからイタリアへのアルプス越えのルートです。途中でサンドイッチが出てきました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です