はじめに

比較的大きな私立大学で教員をやっています。研究大好き人間なので、研究を続けていたら、大学教員になっていたのですが、研究だけが大学の使命ではありません。授業料を頂いている学生のために教育をするのが最優先です。教育機関である大学にとっての研究の位置づけを考えているのですが、少なくとも、私は、研究者である私自身を通じて教育をしたいと思っています。つまり、これまでの20年ほどの研究者人生で培ってきた知識や経験・理解を伝えることが教育であり、研究があるから教育に深みが生まれるのではないかと考えるようになってきました。

そんな大学での研究・教育生活中に学生担当の委員長の先生から研究室に電話がかかってきました。今年のヨーロッパ研修旅行に引率者として同行してくれないかという依頼でした。ヨーロッパ研修旅行とは、夏休み中に学生40名ほどで教職員と旅行社の添乗員が引率し15日間ヨーロッパ各国を周遊する企画です。委員長の先生は、2週間ほど前にも一緒にお酒を飲んだような親しい先生でもあり、引き受けることになったのですが、せっかく、引率するのであれば、しっかりと研修する旅行にしたいと考え、このブログを始めることにしました。ヨーロッパに関する雑学から旅行における心得など私の意見を書き込んでいきたいと思います。
このヨーロッパ研修旅行では単位認定されません。語学研修など大学での講義として単位認定される海外での研修行事も別に存在するので、単なる旅行だと考えがちですが、大学教員である私も同行するのですから、添乗員付きの単なる旅行にせず、有意義な研修になるよう努力したいと思います。

ずいぶん、偉そうなことを書いてきましたが、研究者として専門に関する知識は豊富なのですが、それ以外は・・・
専門外の内容に関しても気楽にアップできるよう大学内のサーバにこのブログを置かずに、レンタルサーバを自費で借りて、匿名で投稿していきます。内容に誤りがありましたら、すぐに訂正したいと思いますので、お気づきになりました方は、是非、ご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です